お母さんになりたいその気持ちを漢方でお支えします「妊娠しやすい体づくり」のためにあなただけのあなたのための漢方

ご予約・お問い合わせはこちら0561-82-2954営業 平日:9時〜19時30分(土:19時まで)

漢方と不妊

原始卵胞

【卵子は180日かけて排卵します】

「排卵していれば妊娠の可能性があると思っていませんか?」

img_cat2-2_1

女性は、お母さんのお腹の中にいる時にすでに将来排卵する卵子のもとである原始卵胞を持っています。
生まれる瞬間には最大で700万個から200万個に減り
初潮を迎えるころには30万個まで減ってしまいます。
20代では1個の卵子が排卵するために1000個の原始卵胞が成長し180日かけて1個排卵するのです。
その際、残りの999個は閉鎖卵胞として淘汰されるのです。
そして40代になると原始卵胞は1回の排卵のために10個の原始卵胞が成長するのです。
1000個から選ばれた1つと10個から選ばれた1つではやはり質が異なります。
より妊娠しやすいカラダ作りのために、180日かけて成長する卵胞の質をよくするためのカラダ作りをおすすめします。

【いつか子供を望むなら今すぐに体質改善をオススメします】

img_cat2-2_2原始卵胞から前胞状卵胞までは3ヶ月以上、前胞状卵胞から初期胞状卵胞までは1ヶ月かかります。

卵胞刺激ホルモン(FSH 脳下垂体から出るホルモン)に関係なく発育していきます。

生理がきたから、「さあ妊娠のための準備をしよう!」ではなくいつか子供を望むなら今すぐに体質改善をオススメします。

ご予約・お問い合わせはこちら0561-82-2954営業 平日:9時〜19時30分(土:19時まで)

トップページ
お電話
ネット予約